【SONY スマートテニスセンサー】オリジナルアプリが公開できない???

SONYが発売しているスマートテニスセンサーと連携してオリジナルのアプリ制作を地味にしていましたが、冷静になって考えたらこれリリースできないんじゃない????

センサーから自分の作ったアプリにデータを渡すために間にSONYが作成したホストアプリをインストールして使う必要があります。

このホストアプリのライセンスがSONYにあるため、自分がアプリ開発する際にSONYのライセンス同意して使用させて貰っています。そのためオリジナルのアプリ自体はリリースできますが、肝心のセンサーからデータを取ってくるためのホストアプリをユーザの端末にインストールしなくてはいけませんが、ライセンス同意していないため使用することができない。つまりオリジナルアプリをリリースしても使用できない状態になってしまいます!!!

このことをSONYに問い合わせしたところ、リリースできるように準備をしていくとの前向きな返事を頂きました。社内調整が必要だと思うので直ぐには無理かもしれませんが期待して待っていますので宜しくお願いします。

smartsports.sony.net

nooootion.hatenablog.com

スマートテニスセンサーでインパクト位置と球種タイプ番号からインパクト位置と球種を知るすべ

前回スマートテニスセンサーのサンプルアプリで実施にデータを取得できることを確認しました。

nooootion.hatenablog.com

取得できたデータをDBに登録する処理を追加して、DBに登録したデータを確認してみました。

ちなみにandroidの実機に作成したDBの中身を確認する方法はこちらです。

nooootion.hatenablog.com

さて、DBの中身を確認したところ。。。

f:id:nooootion:20170923101308p:plain

impactPositonがラケットのどこに当たったのか、swingTypeの種類が分からない。。。

対比表みたいなものが無いか探してみたが見当たらない。

困り果てたので、SONYの担当者さんにメールで問い合わせしたところ、

gitHub内にあるShotData.htmlに記載あるとのことでした。

開いてみると確かに記載があります。めでたしめでたし。

f:id:nooootion:20170923102522p:plain

f:id:nooootion:20170923102546p:plain

 

Androidの実機からSQLiteのDBをローカルPCに取り出してツールで確認したいけどサイズが0で困っているあなたへ

困り果てたのは私です。

環境

IED:Android Studio2.3.3

実機:VAIO Phone a(Android version6.0.1)

PC :Mac book pro 15inch

現症

実機端末に作成したSQLiteのDBをMacにコピーしてツールを使って中を確認しようとしたところ、PCにコピーはされるがサイズがゼロで困り果ててしまいました。

解決策

以下試してみましたが上手く行かず。。。

qiita.com

こっちのサイトを参考にさせて貰って上手く行きました。

dev.classmethod.jp

ただし

cat /data/data/<パッケージ名>/databases/<dbファイル名> > /sdcard/my.db

となっていますが、カレントディレクトリが<パッケージ名>なので正しくは

cat databases/<dbファイル名> > /sdcard/my.db

では?

取り敢えず上記で上手くできました。

 

よかったよかった。これで先に進める。

【SONY スマートテニスセンサー】アプリを作ろう〰サンプルアプリ起動編〰

前回までのあらすじはこちら。

nooootion.hatenablog.com

 

ライセンス申請の承認が降りるとSONYからメールが届きました。

添付されたURLからログインしてサンプルプログラムとHost.apkをインストールすることができました。

サンプルプログラムだけならGitHubにも公開されているので使用することは可能ですが、センサーから受け取ったデータを解析するのがwebサービスで、サービスとオリジナルのアプリを繋ぐ役割のHost.apkを入手する先がURLのサイトになります。

github.com

 

実際にセンサーと接続するためには実機を使用しないといけないのと、

接続するためには実機内にHost.apkをインストールが必要になります。

PCに実機を接続した、 adbコマンドでHost.apkをインストールします。

 

センサーと接続できたか確認。

f:id:nooootion:20170814094344p:plain

実際にラケットを使用して打ってみるとデータが取得できました!!!

次回はこれを改良してオリジナルのアプリを作ってみたいと思います。

【アプリ開発】ダウンロード数が100を超えました!!!

個人で開発しているアプリのダウンロード数が100を超えました!!!

ありがとうございます。

正直誰にもダウンロードしてもらえないと思っていたので興味本位でもダウンロードしてもらえたのは嬉しいです。

アプリとしては単純にユーザが出場したテニスのトーナメントの結果を記録しておくだけのものですが、自分自身テニス愛好家として長いことプレイしてきたので、今後はテニスを楽しむすべての人を応援して行きたいと思っています。

まだまだアップデートして更に面白いものにしていきたいと思いますので長い目で応援の程宜しくお願い致します。

TScore

TScore

  • Tatsunori Morita
  • Sports
  • Free

 

play.google.com

Xamarin.formsで開発したアプリ(iOSとandroid)のリリース方法(Visual Studio)

最近Xamarin.FormsでiOSandroidのアプリを開発してストアにリリースしました。

テニスの試合結果を記録しておくアプリです。

iOS

TScore

TScore

  • Tatsunori Morita
  • Sports
  • Free

 android

play.google.com

 

ストアにアップする方法で参考にさせて貰ったリンクをメモしておきます。

iOSの方法

ネイティブをリリースした時より簡単にできましたw

ビルドした時にエラーが出ることがありますが、ipaファイル自体は作成されているので気にせずアップしたら問題なくできました。

itblogdsi.blog.fc2.com

androidの方法

Google playストア経由で配布しようとしたら署名が上手く行っていないようでアップできなかったです。Ad Hocでapkファイルを作成してGoogle play Developer Consoleに手動でアップしてます。

hatsune.hatenablog.jp

 

以上!!

Enjoy xamarin life!!

Xamarin.Formsでスプラッシュ(起動画面)でオリジナルの画像を表示しようとしてはまった話(iOS)

Xamarin.formsでアプリを作成して、リリースするためにスプラッシュ(起動画面)に作成したオリジナル画像を表示しようとしたところハマったので、自分の解決方法をメモしておきます。ちなみにiOSのみです。

環境

PC:Mac book Pro(parallels)

IED:Visual Studio2017 Community

Xamarin:4.5.0.486

Xamarin.iOS SDK:10.10.0.37

やりたかったとこ

アプリ起動時のスプラッシュ(起動画面)でオリジナルの画像を表示する。

デフォルトではXamarinロゴのスプラッシュが表示されるためこれを変更します。

f:id:nooootion:20170705230724p:plain

やり方

Xamarin.iOSプロジェクトのInfo.plistを開きます。

続いてビジュアル資産タブに切り替え。

アプリアイコン、起動画像に【アセットカタログを使用】のボタンがあるので押します。

f:id:nooootion:20170705231102p:plain

するとXamarin.iOSプロジェクトの資産カタログにメディアが追加されます。

f:id:nooootion:20170705231358p:plain

ダブルクリックで開くとアイコンとスプラッシュ画像を設定する画面が表示されるので

対応のサイズを設定します。

f:id:nooootion:20170705231657p:plain

(AppIconsでアイコンも同様に設定します。)

これで実行して確認するとアイコンは切り替わりますが、スプラッシュは変わりません。いろいろ試してみたところ、起動画面がデフォルトでLaunchScreenに設定されているためXamarin.iOSプロジェクトのResourcesフォルダのLaunchScreen.soryboardが呼ばれて起動しているようです。

こいつを設定から外してやればよさそうです。

shinya-dog.hatenablog.co

*Info.plistのここ

f:id:nooootion:20170705232628p:plain

但し、Visual Studioでは選択を外せません。

そこで一旦Visual Studio for Macで開き、Xamarin.iOSプロジェクトのInfo.plistのLaunch Screenを削除します。(こっちでは何故か消せる )

f:id:nooootion:20170705233055p:plain

再度Visual Studio(win) を開いてInfo.plistを開くと【アセットカタログを使用】のボタンが表示されているので、再度押してメディアから画像を設定します。

起動するとスプラッシュがオリジナル画像に切り替わりました!!!

f:id:nooootion:20170705233932p:plain

WinのVisual Studioからだとstoryubordでスプラッシュを設定するのが基本なんだろうか?取り敢えず表示できたのでめでたし。