読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Xamarin.Forms】PickerのフォントサイズをEffectで変更する。

Xamarin.FormsのPickerを使用した場合、iOSと違いEntryとPickerが一体となって最初から表示されます。

f:id:nooootion:20170525223359p:plain

↓Entryの記述がないけで、デフォルトで表示される。

f:id:nooootion:20170525223233p:plain

今回やりたいこと

Pickerで選択した項目がEntryに表示されますが、Entryに表示する文字のサイズを変更したい。

実装方法

Pickerのデフォルトのプロパティではサイズ変更できないようなので(そもそもPickerで選択した後はEntryに表示されているわけでPickerのプロパティでは無理かw)、カスタムレンダラーなるものを使用しないといけないかな〰でもよく分からんな〰と調べていたところEffectを使用すればできそうなことが分かったので実装してみました。

以下参考サイトを参考にさせて貰いました。

XamarinのEffectを使ってラベルに枠線を引いてみる | 勝手にオザマリン

まず、iOSのプロジェクトにEffect用のクラスを追加します。

f:id:nooootion:20170525231048p:plain

f:id:nooootion:20170525230211p:plain

共有プロジェクトにもクラスを追加。

f:id:nooootion:20170525231246p:plain

f:id:nooootion:20170525231217p:plain

XAMLのPickerコントロールのプロパティにEffectを追加。

f:id:nooootion:20170525231456p:plain

 レッツ実行

f:id:nooootion:20170525231529p:plain

選択した文字がでっかくなっちゃった!!!

まとめ

思ったより簡単に実装することができました。

バイス固有のプロジェクト内ではデバイス標準の言語で記述する必要がありますが、

単純なプロパティ変更なら難しくなさそうですね。

【祝】初iPhoneアプリリリースしました!!!!

今回初めてiPhoneアプリをリリースまでしてみました!!!

富山弁クイズ

富山弁クイズ

  • Tatsunori Morita
  • ゲーム
  • 無料

 よくリジェクトされた方の記事を目にしていたので、審査がめちゃくちゃ厳しくて自分のプログラムなんかボロカスに言われるかと思いましたが、落とされることなくリリースできました。やってみると案外簡単ですね。

思えば社会人になってから趣味でプログラミングを始めて、どうせやるなら普段使っているiPhoneアプリを作ってみたいと、初心者が当時のobjective-cをかじって、途中でPCを窓から投げ捨てなくなりながら遊んでいたのがいい思い出ですw

そこから趣味では物足りなくなり、未経験でプログラマーに転職して不安もあったけど少しずつこなしていく中で自信も付いて、やっぱりテクノロジーは面白くて転職して良かったです。

今後もいろいろ作ってリリースして行きたいと思いますので良かったら使って見て下さい!!!!

【iOSアプリストア申請】iTunes Connectにビルドが表示されない

iOSアプリをストアに申請しました!!

(無事に公開されるとは限らないが。。。)

申請にあたっては以下のサイトを参考にさせて頂きました。

unitynightowlgames.hatenablog.com

i-app-tec.com

概ね順調に手続きできたのですが、XcodeからiTunes Connectにビルドが成功して、数時間待っても画面に追加ボタンが表示されずにハマってしまいました。

原因は単純でXcodeのBundle IdentifierとiTunes ConnectのBundle IDが違うためでした。そこでXcodeBundle Identifierを修正してビルドし直したところ無事にビルド画面に追加ボタンが表示されて申請ができました!!!

Xamarinでandroid実機デバッグしてみた

android端末持ってなかったので今までiOSWindows Phoneでしか実機に入れたことなかったが、この度android端末を購入したので試してみました。

環境

PC:Mac

VM:parallels desktop12

IED:VS2017(xamarin)

 Mobile:VAIO Phone A

vaio.com

参考サイト

以下のサイトを参考にさせて頂きました。

mobareco.jp

ただし、自分はコマンドプロンプトでADBデバイスとして認識されているか確認した際にunauthorizedと表示されて上手くいかなかったので、こちらのサイトを参考にしたところ実機デバックすることができました。(だた1回では上手くいかず、2回試しました)

biz-crew.com

まとめ

今回始めてandoroid端末に自作アプリを入れてみましたが、思ったよりも簡単でした。事前に他の方のサイトを拝見してどういった感じか観ておいたのも良かったのかもしれません。

Xamarin.Forms for Visual studioで作ったプロジェクトでもiOS実機に突っ込む

すぐ忘れるからメモしておきます。

やりたいこと

Visual studioで作ったxamarin.FormsのiOSを実機に入れる。

環境

Mac book

VM(パラレル)

Visual studio2017

1.Xcodeでプロジェクトを作る

作成されたBundle IdentifierをVisual Studioで作るプロジェクト名にする。

一度実機にビルドする。

f:id:nooootion:20170424230326p:plain

2.Visual studioでプロジェクトを作る

f:id:nooootion:20170424230620p:plain

3.Xamarin studioの設定

iOSのプロジェクト内にあるInfo.plistのハンドル識別子を1 のBundle Identifierと同じにします。

f:id:nooootion:20170424231528p:plain

4.プロビジョニングプロファイルの設定

iOSプロジェクトを右クリックでオプション選択。

iOS Bundle SigningのプロビジョニングプロファイルでXcodeで発行したプロファイルを選択します。

5.実機に繋いでビルド

以上で実機でデバックができるようになります。

【映画】エクス・マキナ鑑賞

以前から観たいと思い、やっと観ることができました。

トーリーは女性型ロボット"エヴァ"に対して主人公がチューリング・テストを実施して人工知能のテストをする。

見た目には内部機器が露出したロボットではあるが、その受け答えは人を思わせるものがあり、視覚的な情報が無ければ人間と間違えてしまう程の完成度であった。

テストが進むにつれて予想外の事態が起こり、そして思わぬ結末が。。。

見る前はAIと人との恋愛が主題かと思いましたが、ジャンル的にはSFミステリーといったところでしょうか。途中予想を裏切る展開にハラハラしてしまいました。

最近はAIという単語を良く聞くようになりましたが、

果たして人間にとって最強の味方になるのか、最大の敵となるのか思いを馳せるには面白い題材ではないでしょうか。

exmachina-movie.jp

ASP.NETのクロスサイト スクリプト対策

ASP.NETのクロスサイトスクリプト対策について最近始めて知ったのでメモ。

業務アプリケーションでASP.NETを使用しており、ユーザからエラーになって使用できないと連絡があった。

調べて見るとテキストボックスに<>を使用していることが分かり、それが原因なのは間違いなかったが、どこで検証してエラーになっているのか知りたくて調べてみた。

エラーとしてはHttpRequestValidationExceptionが発生します。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.web.httprequestvalidationexception(v=vs.110).aspx

どうもASP.NETのデフォルト(Loadされる前のイベントで検証されているらしい)でエラーとしているようです。

半角で<script>や<!、<?はNGとなります。MSDNに一部禁止例がのっていましたが、セキュリティの関係上どのような組み合わせをエラーとしているかは公開していないようです。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff649310.aspx